ソーシャルレンディングという聞き慣れない人もいる事と思いますが、一般的にお金を借りたい人(ボロワー)と貸したい人(レンダー)を結びつける仲介サービスを言います。言わばオンライン上で行われるお金の貸し借りの取引です。このソーシャルレンディングの原型は2005年のイギリスが始まりであり、その翌年にアメリカでもスタートされました。日本では2008年にサービスが開始されました。ボロワー側は低い金利で資金を借りることが可能であることやレンダー側は貸すことで銀行に預けるよりも高い利息を受け取ることができるので、資産の運用に繋がったり経済効果を上げるため社会の役に立つことができたりとそれぞれに大きなメリットがあります。またソーシャルレンディングはオンライン上での取引になるので、広告料や人件費も削減でき金融流通の効率化を図ることができます。世界各国で急速に発展をしているソーシャルレンディングですので、市場は拡大していくと言えます。

2つのサービスを軸としたソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングはマーケット型とオークション型の2つがあり、日本では主流でもあるマーケット型はボロワーが借りたい金額や個人情報を入力して運営会社が独自にボロワーを評価します。より評価が高いほど低い利息で借入が可能です。レンダー側はボロワーと直接やり取りすることがなくお互いの条件のマッチングを運営会社が中継するので、低リスクであることはもちろんスピーディーなやりとりができます。またそれは株式市場のような動きとも言えます。一方先に始まったオークション型は2008年より国内で開始されました。ボロワーが借りる条件や目的をネット上にアピールし、複数のレンダーがそれを見て貸す条件や金利、希望の金額をオークションをします。より低い金利のレンダーが融資をすることになります。

可能性を秘めるソーシャルレンディング

今までお金の貸し借りと言えば、銀行や消費者金融でしか資金調達する方法はありませんでした。審査の基準が厳しく借りることができなかったり、様々な書類や手順を踏んで大変というデメリットもあります。また資金を借りる上で目的を詳細しなければなりません。ソーシャルレンディングはマーケット型は目的を申告しなくてもいいというメリットもあります。そのためボロワーは仕様用途の幅も広がり、夢を追いかけて実現させる第一歩を踏み出せるとも言えます。それに比べオークション型はサイト上で借りる目的や信用度をアピールします。ボロワーとレンダーはSNSでやりとりをしながらお金を貸し借りするので、楽しみと言えます。やはりお互い人間ですのでただ形式的なものだけではなく、ボロワーの気持ちを汲み取って理解してもらいながらお金を貸すレンダーは応援したくなります。

投資口座開設から投資まではらくらくたったの4ステップ。 インターネットのつながる環境でしたらすぐに簡単口座登録ができます。 資金を分散して複数の投資をご希望される方もお気軽にご相談ください。 分配金の入金するときに発生する振込手数料などの費用も一切かかりません。 みんなのクレジットではさまざまな投資対象案件をご用意しております。 新しい投資手法をお探しの方はみんなのクレジットへ。 ソーシャルレンディングの投資についてはこちらへ